1. ホーム
  2. 二次会での服装に関して
  3. ≫二次会用のドレスはどうする?

二次会用のドレスはどうする?

新婦の二次会用ドレス選びのポイント

挙式・披露宴が終了した後に新郎新婦の友人たちを中心に開催されることが多い二次会。当然新郎新婦も必ず参加します。そこで、気になるのが、新郎新婦の二次会での服装。

友人たちは、披露宴の後そのままパーティードレスでかけつけるわけですから、新婦も華やかなドレス姿で参加したいものですよね。

 

式場のプランを活用する

結婚式場によっては、挙式・披露宴用のドレスと一緒に二次会用のドレスをレンタルしているところもあります。
合わせてレンタルすると、割引プランが適用されるような、お得な式場もあるので、挙式・披露宴の打ち合わせの際に担当プランナーに相談してみるのもおすすめです。

二次会の計画や指揮は、友人が代表して行ってくれることが多いものですが、服装はもちろん自分たちで決めなければいけません。挙式・披露宴の打ち合わせのついでに二次会のドレスや服装を決めてしまえば、時間や費用も大まかに短縮できますね。

 

事前に衣装を購入しておく

結婚式当日は、新郎新婦は私服で式場に向かいます。なので、挙式・披露宴が終わると、私服に着替えなければいけないわけです。その後で二次会が開催される場合には、それにふさわしい衣装を持っていかなければいけません。

挙式・披露宴共にロングドレスや打掛などが主流の花嫁であるので、二次会は思いきってミニドレスがおすすめです。

ネット通販を利用すれば、ドレスやパーティー小物がセットで格安で手に入れることも可能なので二次会の開催が決定したら、情報を集めておくと良いでしょう。ドレス単品よりも小物とセットで購入することによりお得な割引が適用されるところもあります。

挙式・披露宴を行うにあたり、二次会は必ず必要、というわけではありませんが、せっかく集まってくれた友人たちと心置きなく話せる数少ない機会です。

せっかくの二次会をより盛り上げるためにも、また、その日の主役である花嫁らしく振舞うためにも、二次会のドレス選びは、慎重にそして楽しんで行いたいものですね。